Tag Archives: ムック

散歩の達人 東京駅・丸の内・八重洲・大手町 (旅の手帖MOOK MOOK 9)

2014年11月発売のMOOK『東京駅・丸の内・八重洲さんぽ』発売から3年半。現在、駅周辺はさらにめざましく変化し、新たな施設や店が登場している。八重洲エリアの大規模な再開発も進み、大手町など周辺のオフィス街エリアも様相が変化。そんな東京駅周辺を詳細エリアに分け、最新スポットから定番の老舗、穴場まで紹介。店情報だけでなく、街の歴史など小ネタも充実しています。観光客はもちろん、界隈で働く方もデイリーに活用できるような、より分かりやすく、東京駅周辺を“街”として歩いて楽しめるガイドです!

株の稼ぎ技 成長・優待180 (稼ぐ投資)

長期投資は長期にわたって企業の株価の値上がりや配当・優待による利益を狙う株式投資の方法です。 短期売買による株式投資と比べ、一般的にリスクが低いと言われていますが、それでもうまく稼ぐには様々なことを知る必要があります 本書は長期投資で成功している個人投資家や、信頼のおけるアナリストの方々が実践している「使える」テクニックや経験からの知識を選りすぐり、長期だけでなく、四半期単位といったいわゆるスイングトレードといった中期投資も含めての株価の値上がり、配当・優待で成功するコツを初心者にもわかるように紹介しています。 すぐに使えて、長く儲ける方法。先人たちの知恵と経験をご自身の投資にぜひ役立ててください。

2020年日本の大問題 (洋泉社MOOK)

東京オリンピックの開催まであと2年。 折しも日本にとって2020年は、人口減少にともなう少子高齢化や労働力人口の減少が深刻化するタイミングと重なり、 さまざまな分野で「2020年問題」が噴出すると懸念されている。 郊外の地価下落をはじめとするオリンピック不況や、3・4人に1人が65歳以上という超高齢&多死社会の到来、 そして関東や近畿でもいよいよ世帯減少が始まる……。 はたして日本は、東京オリンピック後に衰退していくのか!? 本書では8つの「2020年問題」に加え、 認知症患者の急増にともなう人材不足、単身社会化、社会保障制度の限界など、 2025年までに待ち受ける日本の国難を解説。 さらに、第4次産業革命やコンパクトシティ、移民受け入れ政策、ベーシックインカムなど、 2020年以降の日本の危機を救う処方箋を専門家が検討する。 低成長時代を迎えて縮小する日本は、待ち受ける“ポスト2020年"の国難を乗り越えられるのか――。 もくじ ◆巻頭 東京オリンピック後の日本経済が直面する5つのリスク ◆CHAPTER1 2020年に起こる8つの大問題 【不動産】 郊外の地価下落とオフィスビル競争激化 【高齢化】 3人に1人は65歳超 多死社会の到来 【世帯減少】 ついに世帯が減少!! 約4割が高齢世帯に 【雇用】 社内の高齢化と空前の若手確保難 ・2020年イベントカレンダー 【教育】 2020年教育改革に揺れる教師と学校 【住宅】 省エネ義務化で欠陥住宅が増える!? 【電力業界】 発送電分離が始まる電力改革の問題点 【海運業界】 船舶燃料の環境規制で石油業界がコスト増 ・山手線「新駅」は東京を活性化させるのか ・特別インタビュー・野口悠紀雄 “ポスト2020年"に日本が生き残る道 ◆CHAPTER2 縮小ニッポンの危機2021~2025 ・2022年 生産緑地の大量放出で住宅市場は下落する!? ・2025年 単身世帯が1996万世帯 加速する「ソロ社会」化 ・2023年 10年で8%超のペース…… 5戸に1戸が空き家に ・2025年 認知症高齢者が730万人 介護人材は34万人不足 ・2025年 後期高齢者が2000万人超 社会保障制度の限界 ・2025年 ついに東京都も人口減少へ ピークは1408万人 ◆CHAPTER3 低成長時代の日本を救う処方箋 ・「第4次産業革命」は縮小日本を救えるのか ・「コンパクトシティ構想」は地方都市を救えるか ・「移民の受け入れ」は人手不足を補えるのか ・就業率と生産性の引き上げが経済成長のカギになる ・「ベーシック・インカム」は貧困対策になるのか ・「高等教育無償化」は人材輩出を促すのか ・「夜間経済」の活性化は内需を拡大させるのか

株の稼ぎ技 短期売買編 175 (稼ぐ投資)

株式投資における短期売買で効率よく稼げるようになるためのテクニックを集めた本書は、 「株の稼ぎ技」シリーズの1冊として、より株式投資における短期売買に特化したテクニック本です。 億は軽く超え、成功している個人投資家さんが使う テクニカルや株価動向の見方はもちろん、成功投資家の経験則、市場の読み方、得する方法など、 短期間の取引で資産向上という結果を出すためのあらゆるテクニックを掲載しています。 テクニックを提供してくれた投資家やアナリストは、累計利益25億円を超えたテスタ氏、兼業投資家で様々な投資法を常に研究し2億円を稼ぐJACK氏、同じく兼業投資家で買い方で攻めても生涯収支4.4憶円を稼いでいるメガヴィン氏、現役の格闘家でありつつも投資家として成功を収めた久保優太氏など成功投資家と呼ばれる方々には監修を。また、アナリストは、グローバルリンク・アアドバイザーズの戸松信博氏に小池麻千子氏に、ラジオでもおなじみの藤本誠之氏、さらにはフリーキャスターで多くの投資家やアナリストとも交流があり、ご自身もアナリストの資格を持つ叶内文子氏らに執筆の協力をいただきました。 本書のテクニックを確認し、ぜひ、ご自身が行う短期売買の手法の一助にしてください。

図解 マーケティング大全

これまでと同じようにプロモーションしても商品が売れない――。 しかし、そんな時代にもヒット商品やサービスは続々と生まれている。 「明治 ザ・チョコレート」や「ZOZOSUIT」など、 ヒットの裏には、マーケッターたちが試行錯誤しながら生み出したユニークなマーケティング戦略がある。 もはやマーケティングなくしてヒットは生まれない――。 モノが売れない時代にヒットを生み出すには、マーケティング担当者だけでなく、 リサーチャーから販売員まで、すべてのビジネスパーソンに“マーケティング感覚”が欠かせない。 STPから4P、4Cといった基礎知識から、 「AIマーケティング」「顧客参加型」「自分ごと化」といった最新キーワードまで、 現代のビジネスパーソンが知っておきたいマーケティングの必須知識を網羅的に解説する1冊。 もくじ ◆巻頭 マーケティングなくしてヒットなし!! 最新 あのヒット商品を生んだマーケティング戦略 ◆Chapter1 マーケティングの基礎知識 ◆Chapter2 「STP分析」で市場を開拓する ◆Chapter3 「4P戦略」で売れる仕組みをつくる ◆Chapter4 「4C戦略」で顧客満足を最大化する ◆Chapter5 マーケティングの未来

2018年版 億超えを可能にする 株の稼ぎ技223 (稼ぐ投資)

本書は、必ず儲かるという手法を通しで解説した本ではなく、株式投資で億超えした投資家や気鋭のアナリストらが蓄積してきた彼らの実体験や経験則、投資判断をワンポイントとのテクニックとしてまとめた本です。 基本的なテクニカルでも確度を高める見方、指標の読み解き方、よく言われるアノマリーの意味と実態など、短期、長期に関わらず、株式投資で成功するために知っておいてほしいことを、現在の投資環境に即して過不足なくまとめています。 テクニックは、前作からの入れ替えはもちろん、これまでのテクニックもデータを積み重ねてさらに精度をアップ。 これらテクニックを組み合わせ、貴方の投資手法の一助にしていただければ幸いです。

ゼッタイ後悔しない! 家の購入技200

家の購入は、大半の人にとって人生の中で大きな買い物です。楽しみな反面、不安な思いをかかえている人も多いでしょう。 購入を検討している方は、家賃を払い続けることとの比較なら、金利の低さなど、さまざまな理由があります。購入のタイミングは、そのときの金融状況、自分自身の年齢や年収を考慮し、購入前の下調べはもちろん、購入後のローン返済や納税なども計画しなくてはなりません。 本書では、買うからには利便性やお金の面など、マンション、戸建て、さらには新築・中古関わらず、いかに後悔しない家を購入できるかに焦点をあてた本です。 本書の制作にあたり、、建築士、不動産鑑定士、マンションブロガー、ファイナンシャルプランナー、税理士など各ジャンルの専門家に執筆をお願いしました。 住んで快適かつ便利、将来にわたって資産価値の保ち方や欠陥住宅を選ばない方法、さらには、知っていればコストを抑えられる家の話に、ローンや税金の知識など、些細なことでも知っていること役に立つテクニックを選出しました。 これらのテクニックの利用で、少しでも満足のいく家の購入の助けになれば幸いです。

美智子さま 凛とした素敵な和装 59年の歩み

皇后美智子さまのご成婚から現在まで、天皇陛下とともに歩んだ59年を、“和の装い"で振り返ります。美智子さまのお着物姿の写真を豊富に収録、関連するエピソードも多数紹介しています。四季折々、季節ごとのお着物、納采の儀の際の本振袖や結婚の儀の和のご正装から、海外訪問の際にお召しになったお着物、美智子さまから雅子さま、紀子さまへ受け継がれた帯なども掲載。気品溢れる美智子さまの魅力が詰まった一冊です。

JAPAN 東京五輪まであと2年だってよ! いこーぜニッポン!

大人気『JAPAN』シリーズの第4弾です。 東京五輪が開催される2020年は、4000万人の外国人観光客の訪日が期待されています。 何に期待して訪日するのか外国人への取材で明らかにしつつ、日本のクールなお出迎えぶりを紹介。 他にも47都道府県別インバウンドの状況、「人生100年時代」の先駆となる和食のすごさ、 外国人が集う街「秋葉原」72時間徹底取材など、外国人が見つけたワクワクする日本について最新情報満載の一冊です。

FX急騰の法則

「明日、ドル円の値段は上がるのだろうか、それとも下がるのだろうか」 FXで取引をはじめたばかりの方は、日々そのように思われているでしょう。 本書では、基本的な知識を押さえつつ、初心者から経験者まで、 誰もが知っておくべきFXの値動きにかかわる情報をまとめました。 数々の相場をくぐりぬけてきた投資経験豊富なトレーダーの方々だからこそわかる 「FXで知っておくべきこと」を、過不足なく盛り込みました。 改訂にあたっては、2016年~17年にあった最新事例を取り上げて 装いも新たにバージョンアップしています。 ぜひ有益にご活用いただければ幸いです。

元手の100倍稼ぐ 仮想通貨の稼ぎ技 200 (稼ぐ投資)

  仮想通貨投資でうまく稼ぐためには、どのようなことを知っていればいいのでしょうか? 仮想通貨の動きは技術的な発展や、経済の地合い、市場参加者の動き、マイナー(通貨を掘る人たち)の動向など様々な要因が組み合わさって変動しています。 何が通貨の価値にプラスなり、マイナスになるのでしょうか?  そんな中、闇雲に投資していても、激しい値動きに翻弄されてしまい、資金をなくしてしまいます。 本書は、仮想通貨相場での勝ち方、向き合い方を知るために、先行投資家が実践しているテクニックを紹介しています。

テーマ株 関連銘柄マップ 2018 (稼ぐ投資)

ひとたび注目を集めれば、10倍株も夢ではないテーマ株。2018年はどんなテーマが騰がるのでしょうか? 一方で一口にテーマと言っても他分野から様々な参入、さらにはそのテーマに絡んだアプローチを行う企業、それらの企業に出資している企業もあり、その絡み方は企業によって実に様々です。 本書は、企業を知るアナリスト達により全11カテゴリ、50にも及ぶテーマを選定、今後そのテーマで注目される点や、市場規模の動きなどをデータで解説、さらに直接テーマに関係する注目されるであろう本命企業から大穴企業、さらにはそれらに出資している関連企業までのつながりを俯瞰してわかるように図解化していきます。

最短で1億円を築く FXの稼ぎ技 230 (稼ぐ投資)

本書は「実用」に耐えうる、成功投資家たちが実戦しているFXのテクニックをワンポイント形式で紹介しています。 執筆は、元HSBCのチーフトレーダーである竹内典弘氏と、個人投資家で丁寧なチャート解説に定評のある田向宏行氏のお二人にお願いしました。実際にFXを行い、かつ長年にわたって成功をおさめているお二人が蓄積してきた実体験や経験則、状況判断。さらには基本的なテクニカルに、確度を高める見かた、有名なアノマリーなどをまとめています。 FXを始めたばかりでなにから手を付けてよいかわからない人、長年続けているが伸び悩んでいる人、順調ではあるがもう一歩踏み込みたい人などに向けて、知っておいてほしいことを過不足なくまとめています。 これらのテクニックを習得し、一つひとつを積み重ね、検証しながら実践していくことで、FXトレーダーとして大きな実りを得られることができるでしょう。

天才たちのつくった音楽の世界 (タツミムック)

音楽の授業で名前を覚えた偉大な作曲家たち。彼らが残した数々の名曲は知っていても、「彼ら自身」についてどれだけのことを知っているだろうか? 本書では、その偉大な作曲家自身に焦点をあて、天才ゆえの苦悩やちょっと変わった人生、今では考えられない武勇伝…などを中心に紹介! 音楽をつくりし天才もまた、血のかよった人間であったとわかるエピソードを盛り込みました! クラシックと聞けば敬遠してしまいそうな人でも、気軽に音楽の世界に触れられる1冊です。 《内容紹介》 PART1 音楽の歴史を変えた天才たち ■元祖スーパーアイドル? …フランツ・リスト ■鬼才の楽劇王 …リヒャルト・ワーグナー ■悪人並みのプレイボーイ …クロード・ドビュッシー ■20世紀最大の作曲家 …イーゴリ・ストラヴィンスキー PART2 音楽を多彩に拡げた天才たち ■オペラへの旅 …フリードリヒ・ヘンデル ■悪魔に魂を売った? …ニコロ・パガニーニ ■国民的有名人 …ジュゼッペ・ヴェルディ ■バレエ音楽の立役者 …ピョートル・チャイコフスキー ■20世紀の〝モーツァルト〟 …エーリヒ・コルンゴルト ■アメリカが生んだスーパースター …レナード・バーンスタイン ◎特別インタビュー (※敬称略) 『天才の影に調律師あり』(スタインウェイ・ジャパン株式会社 プロダクト・サービスディレクター/常見保夫) 近年、ピアニストを題材にした小説が注目を集めるとともに、その天才たちを支える影の立役者としてクローズアップされている「調律師」。天才たちの姿をもっとも間近で見ている彼らは、いったい何を感じるのだろうか…? スタインウェイ・ジャパンの調律部門を統括する、常見保夫ディレクターが、「小説よりも奇」なるピアニストの生態と調律師について語る! 『ヤマハで培う生き方』(ヤマハ音楽振興会 永井口咲子、水戸瀬秀) 町でよく見かけた「ヤマハ音楽教室」の看板。幼い頃に受けていたレッスンにはどんな意味があったのだろうか? 時代が変わっても、常に習い事の上位にくる「ピアノ教室」を日本に広め、現在では世界にまで「音楽教室」の裾野を広げたヤマハ。あまり語られることのなかったヤマハ独自の手法(=ヤマハメソッド)の核から、音楽を通して身につく力を、ヤマハ音楽振興会で教室運営を担ってきた両氏にインタビュー! ◇その他(コラムなど) ・巨匠のエトセトラ 本誌では紹介しきれなかった、「巨匠」と呼ぶにふさわしい音楽家とのつながりの深いトピックをコラムとして紹介 「モーツァルトとフランス革命」「バッハと数学」「ベートーヴェンと第九」 ・指揮者の足跡 オーケストラには必須の「指揮者」の軌跡をざっくり概観! ・演奏と思いを記す「録音」 (音楽の楽しみ方を変えた「レコード」も、天才たちの好奇心の結晶? 現代に通じる表現を模索した天才を紹介) ・スペインの「精神」を宿す曲 (100人の優等生よりも、1人の天才を生む国―スペインの現代音楽史より必聴の3名を紹介! ) ・音楽家名言 ・音楽用語集

稼ぐ人の株投資 億超えの方程式12 (稼ぐ投資)

今回の億超えたちは、スゴ腕ファンドマネージャーからの現役K1選手まで、株投資の腕に覚えがある人たちの手法を紹介します。 また、巻頭の記事は、「下げ相場の勝ち逃げ術」です。 稼ぐ投資家たちは下げ相場をどのように判断し、動くのでしょうか? カブドットコム証券ストラテジストの河合さんの今年の相場での動きの解説に加え、7人の投資家たちの判断と動き方を解説していきます。 そして、今回から巻末に株の稼ぎ技出張版として、新たに22の新技を紹介しています!